ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

美容・健康

おすすめ風邪対策!はちみつの効果が詰まったドリンクをホットで♪

投稿日:2017年12月26日 更新日:

寒くて乾燥した毎日が続くと、気を付けているつもりでもなんだか喉の調子が悪かったり、軽い咳が出てきたり……。

「しまった!このままでは本格的な風邪をひいちゃう!」っていうこと、ありますよね。

手前で気づいたらラッキーです☆それ以上症状が出ないうちに対策をしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ 風邪対策

私がいつも風邪対策に利用していておすすめなのは「はちみつ」です!

夜中、咳き込んだり喉の乾燥が気になったりして目が覚めると、必ずはちみつをスプーン1杯、喉にいきわたらせるように飲み込みます。すると喉が潤う感じがして、咳もだいぶ収まって翌朝までぐっすり眠れることが多いです。

はちみつはそのまま舐めても、色々なものを漬け込んでシロップにしても、砂糖の代わりに料理に使ってもいいので、我が家では一年中欠かせません。

子どもが突然風邪をひいて咳き込んで辛そうなとき、子供用の咳止め薬を常備していないことも多いですよね。そんなときにも甘いはちみつなら喜んで口にしてくれますし、割と効果があるように思います。

市販の咳止め薬よりはちみつの方が咳止めの効果が高いという研究結果もあるようですが、はちみつはほかに、風邪にどんな効果があるのでしょうか。

はちみつの効果がすごい!

体力回復効果

風邪をひいているときはもちろん、ひきかけの時も体力が落ちているはずですよね。また、咳が出るとすごく体力を消耗しますし、食欲がなくなるとますますエネルギーが不足してしまいます。

そんな時、はちみつには素早く体力を回復させる効果があります。

はちみつは皆さんご存知の通り、ミツバチが集めた花の蜜から作られます。ミツバチが花の蜜を集めて巣の中に持ち帰り、水分を発散させるなど一生懸命に加工し、貯蔵することではちみつになるんです。

加工する際に混入するミツバチの唾液に含まれている酵素の働きで、ショ糖からブドウ糖と果糖に分解されるのですが、ブドウ糖と果糖は、それ以上分解する必要がないので消化が良く、素早くエネルギーになるということです。

殺菌抗菌効果

はちみつには強力な殺菌抗菌効果があり、口の中やのどを殺菌する効果があります。

保湿効果

乾燥により傷んだ喉を殺菌しながら保湿する効果があります。

風邪のほかにも二日酔いの予防効果や整腸効果、動脈硬化を予防する効果など、はちみつにはたくさんの効果があるそうです。

たった一つの食品で、風邪対策だけでもこんなにたくさんの効果が期待できるなら、はちみつを常備しない理由はありませんよね!

スポンサーリンク

はちみつを使ったドリンクをホットで♪

はちみつをそのまま食べるのもいいですが、他の食品と組み合わせてホットドリンクにして飲むのがおすすめです。より一層おいしくて、体の中から温まって、他の食品との相乗効果で更にパワーアップした風邪対策ができますよ♪

では、私が今までに試した、おすすめの組合せをご紹介します☆

はちみつ+コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインに気管支を広げる効果や炎症を抑える効果があるので、咳を楽にしてくれます。普段よくコーヒーを飲む方は試してみてください。

はちみつ+れんこん

良く洗ってすりおろしたレンコンのしぼり汁とはちみつとレモン汁をお湯で割って飲みます。

レンコンに含まれている成分に鼻や喉の粘膜を保護する働きがあり、レモンに匹敵するほどのビタミンCには免疫力をアップしたり活性酸素を除去する効果があります。

花粉症などのアレルギーにも効果があるそうです。

はちみつ+レモン

これはもう、説明がいらないくらい定番ですよね。子どもも好きな味です。

よく洗って輪切りにした国産レモンを保存瓶に入れ、はちみつをレモンがかぶるまで入れます。冷蔵庫に入れ、レモンの果汁が出てはちみつがサラサラになったら完成!お湯で好みの濃さに割って飲みます。

はちみつ+柚子

実家からもらった柚子がいっぱいあって、はちみつレモンを切らした時に作ってみたらとってもおいしかったです。韓国に柚子茶ってありますよね、あんな感じですが作り方ははちみつレモンと一緒で簡単です☆
種にも有効成分が豊富なので、種は捨てずに一緒に漬け込みましょう!

調べたら、柚子のビタミンCはレモンより3倍も多いんだとか。それ以来、頻繁に作っています!

はちみつ+大根

大根を刻んで保存瓶に入れ、はちみつを大根がかぶるくらい入れて冷蔵庫に入れ、全体がサラサラになったら完成!レモンや柚子と同じ作り方ですね。

大根を刻む大きさの正解はわからないので、お好みで。角切りにする方もいるようですが、私は薄いイチョウ切りにしています。そのほうがエキスがいっぱい出るような気がしたので。

お湯で割って飲むのですが、息子は湯気とともに上がってくる大根の香りが苦手なので、サラサラのシロップをおちょこに入れて飲んでいます。

はちみつ+生姜

すりおろした生姜とはちみつをお湯に溶かして飲みます。お湯の代わりに熱い紅茶に溶かせば生姜紅茶になりますね♪

生姜が血行を促進して気管支を広げ、咳を沈めつつ冷えた体をポカポカ温めてくれます。ちょっと辛いので子どもには人気がありません。

まとめ

風邪をひきそうなときや、もうすでに風邪をひいてしまったときにはもちろんおすすめですが、普段から予防のために飲むのもおすすめです♪

けっこう効果があるのでお子さんにもおすすめですが、1歳までの赤ちゃんには、はちみつを食べさせないでください!厳禁です!

お気に入りのはちみつドリンクを見つけて、おいしく風邪予防してくださいね☆

スポンサーリンク



-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

布団の天日干しは花粉症には無理?花粉が付きにくい干し方と時間帯

花粉症の人はもちろん、花粉症の人と同じ部屋で寝る家族も、花粉が飛散する時期には布団を外に干さないほうが良いといわれています。 でも天気のいい日には、布団を天日干ししてふかふかのお布団で眠りたいですよね …

マスクのにおいを防ぐには?マスクが臭いときの原因と対策!

風邪やインフルエンザなど感染症のウイルスや花粉症などのアレルギー対策にマスクは欠かせません。 でもマスクが苦手でなるべくなら付けたくない!と思っている人も多いですよね。 主な理由は「メガネが曇る」「う …

母親が風邪で辛いときの家事育児はどう乗り切る?食事はどうする?

スポンサーリンク 年中無休で家事育児に忙しい母親業。疲れがたまって、時には体調を崩してしまう事もありますよね。 ゆっくり休んで早くしっかり治したいですが、小さな子どもたちはなかなかそうさせてくれません …

風邪でもお風呂に入りたい!お風呂の効果と風邪の時の入浴法

スポンサーリンク 「風邪をひいたらお風呂には入っちゃだめ」と言われて育った方は多いはず。 でも、風邪の時でも汗はかきますし、毎日入っているお風呂に何日も入れないなんてスッキリしなくてイヤだなぁと思った …

白髪の生え始め対策!目立たせない方法と白髪を改善させるお茶とは?

ふと鏡を見たとき、髪に白いものを発見!ほこり?……と思ったら白髪だった!! 白髪になる原因は主に加齢ですが、それ以外にも妊娠や出産、栄養の偏りや睡眠不足など生活習慣の乱れ、ストレス、遺伝などさまざまな …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。