ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

行事・イベント

父の日は子供の料理♪幼児でも簡単でパパと一緒に楽しむアイデアも!

投稿日:2018年3月20日 更新日:

父の日のプレゼントに、お子さんからパパへ似顔絵などをプレゼントすることは多いと思います。でもせっかくの日曜なので、似顔絵以外にお子さんの手作り料理をパパにプレゼントして家族みんなで楽しむのはどうでしょう♪

もちろん、ママがお手伝いしてあげたり、小さい子なら「ママのお手伝いを子供がする」という程度でもOKです!

お子さんの年齢やお料理経験によってできることには幅があると思いますが、お料理経験がないお子さんや幼児でも簡単に楽しく作れる料理などを提案します。

スポンサーリンク

父の日に子供から料理のプレゼント!

父の日に子供から似顔絵などをプレゼントされたことがあるパパなら、「今年も似顔絵もらえるかなぁ~」と期待しているのではないでしょうか。

そんな時に、似顔絵だけじゃなく子供が作った料理が出てきて「パパのためにつくったんだよー!」なんて言われたら、びっくりして大喜びしてしまいますよね。

なにも、最初から最後までお子さんひとりで作る必要はないですし、手の込んだ料理である必要もないです。ちいさなお子さんなら、オムライスにケチャップをかけるとかミニトマトを添えるとか、ママの作ったお料理の仕上げを担当するくらいでも十分ですよ。

ポイントは「パパに喜んでもらうためにやったよ♪」という気持ちです。それだけでパパの心は幸せでいっぱいになるんじゃないでしょうか(*^-^*)

スポンサーリンク

幼児でも簡単に作れる料理なら?

でもちょっと大きくなったら、お料理のお手伝いをしたことがある子なら「自分で作りたい!」という気持ちも出てきますよね。

料理には、包丁など刃物で「切る」とか、火を使って「焼く」「揚げる」「ゆでる」「煮る」「蒸す」など危険もいっぱいですので、お子さんの経験や技量に合った調理法で作れる料理をママが決めてあげましょう。

まだ料理経験が少ない幼児にも安心な、刃物や火を使わず、比較的お子さんの自由に任せて作れる料理としておすすめなのが「サンドイッチ」です。ランチにぴったりですよ。

パンは食パンでもイングリッシュマフィンでもバーガー用バンズでもOKですが、挟みやすくておすすめなのはやっぱり食パンですね。

具材はレタスやトマトやゆで卵やハンバーグやハムやスライスチーズなど、お好みのものを色々用意して並べておきます。

そこでお子さんに「パパに食べてもらいたいスペシャルサンド」を作ってもらうという方法です。クッキーの抜型を用意してハムやスライスチーズを型抜きして飾りつけに使ったり、レタスとトマトの一部をサラダにしたり、スペシャルで楽しい一皿を作ってもらいましょう☆

お子さんが張り切って、ものすごくボリューミーで食べずらいサンドイッチになるかもしれませんが(笑)。それも含めて楽しいランチタイムになると思いますよ♪

パパと子供が一緒に料理するというのも楽しい時間に♪

普段、子供と一緒に料理をしないパパにおすすめなのが「子供とワイワイ楽しく一緒に料理をする」というプランです!

子供と一緒に料理するというとママばかりになってしまいがちですが、あえてパパに「一緒に作ろう!」と子供から誘ってみると、パパにとっても新たな楽しみが見つかるかもしれませんよ。

パパが料理上手なら全てお任せしても安心ですが、あまり料理をしないパパでも子供と一緒に楽しく作れそうなのが「お好み焼き」です。

キャベツを切って、揚げ玉や豚肉やエビやウインナーやコーンやお餅やチーズなどお好みの具材を何種類か並べ、生地を混ぜて用意して、ホットプレートを設置したらあとは任せてしまいましょう。

「え?これ入れないの?」「そんなにいっぱい入れたら……」「ぎゅうぎゅう押さえつけないで!」「ちゃんとひっくりかえせる?」と、見ていると気が気ではなく口や手を出して「パパと子供の楽しい時間」のお邪魔になってしまうので、ママはぐっとこらえて「できたら呼んでね~」と言って、見えないところで待っていましょう。思いのほかちゃんと美味しいお好み焼きができると思いますよ。

パパにとっても子供にとっても、きっと楽しい思い出になることでしょう☆

まとめ

父の日を、パパにとってはもちろんお子さんにとっても「楽しくって嬉しい思い出」にするのに、料理はとってもおすすめです。料理を楽しく作ったり食べたりするというのは、記憶に残るものですよね。

色々と準備したり見守ったりするママにとっては、自分でチャチャっと料理するよりずっと大変だと思いますが、楽しそうな子供と旦那さんを見ると「やってよかった!」と思うのではないでしょうか。

父の日が、家族みんなの楽しい思い出になるといいですね♪

スポンサーリンク



-行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鯉のぼりはマンションなら室内用が安心!吊るしとスタンドの特徴

最近は鯉のぼりを揚げているお宅も少なくて、時々見かけると嬉しくなってしまいます。 大きな鯉のぼりを揚げるには広い庭が必要なので、戸建てでも二階のベランダに小さめのものを飾ったり室内に飾ったりするのが主 …

七五三で草履を嫌がるときの対処法☆子供が痛くない歩きやすい一工夫

七五三には、男の子も女の子も和装でお参りしたり写真撮影をしたりすることが多いですよね。 普段着慣れない着物を着て、履きなれていない草履を履くので、子供もちょっぴり緊張して大人しくなります。 慣れない和 …

菖蒲湯は女の子だけの家庭でも入る?こどもの日に入る由来と楽しみ方

男の子の健やかな成長を願う、五月五日の端午の節句。鎧兜や五月人形を飾ってこいのぼりを揚げ、柏餅やちまきを食べて菖蒲湯に入ったりしますよね。 また、五月五日は「こどもの日」でもあります。男の子だけではな …

敬老の日って何歳から?両親にもした方がいい?誰から祝うのが正解?

子供のころ、敬老の日に自分の祖父母に「長生きしてね」とメッセージやプレゼントを贈ったことがある人は多いと思います。 自分が大人になって、両親が当時の祖父母と同じくらいの年齢になったとき「敬老の日」はど …

ネクタイをリメイクして子供用に☆長さの決め方と作り方は簡単!

卒業式や入学式、法事などで子供にスーツを着せるとき、欠かせないのがネクタイです。子供用のネクタイを単品で買うこともできますが、好みのデザインが見つからなかったり、意外と高かったり……なにかと悩みますよ …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。