ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

美容・健康

マスクが肌の負担に?マスクによる肌荒れの原因と予防法とは?

投稿日:

風邪予防やアレルギ-対策などで毎日マスクが手放せない状況や、お仕事などでマスクを日常的に使う人も多いですよね。

中には「お化粧をする時間がなかったから!」とか、「お肌の保湿に良さそう!」といった理由でマスクをしている人もいるそうです。

でも実はマスクが、肌にとっては負担になっているかもしれません。この記事ではマスクによる肌荒れの原因と予防について紹介します。

スポンサーリンク

マスクが肌の負担になっているかも?

マスクをしていて、「肌の様子がいつもと違うな」と感じたことはありませんか?

私の場合は、マスクを付けている間は感じにくかったのですが、食事の時などにはずしているとマスクで隠れていたあたりにツッパリ感が出てきました。あまり気にせず数日間マスク生活を送っていたら、頬骨のあたりに赤みが出てヒリヒリしてきたり、口元が粉を吹いたように乾燥したり、鼻の横に吹き出物ができたり……。

その時は風邪をひいていたので、「風邪のせいかな」と思っていたのですが、別の時に予防でマスクをしていたらまた同じ症状が現れて、やっと「マスクが原因だった!」ということに気づきました。

でも、マスクをしていると鼻や喉の乾燥を防げるのと同じように肌もしっとり潤いそうですよね?私の友人も「マスクは肌が潤っていい」なんて言っていました。

ではなぜ私の肌はマスクで荒れてしまったのでしょう?マスクで肌が潤うというイメージの、本当のところはどうなのでしょうか。

マスクで肌荒れをする原因とは?

調べてみると、私のようにマスクで肌荒れを起こしてしまう人は多いようです。

症状は主に「赤み」「吹き出物」「乾燥」で、そのどれかが現れることもあれば、私のように複合的に現れることもあります。

最近はガーゼマスクではなく、使い捨ての不織布マスクが主流ですよね。風邪やインフルエンザなどの感染症にも花粉症などのアレルギーにも不織布マスクの方が効果を発揮するのですが、肌への負担も不織布マスクの方が大きいのです。

風邪やアレルギーを予防するのに欠かせないマスクが肌荒れの原因になるなんて困りますよね。

ではなぜマスクで肌荒れを起こしてしまうのでしょう。原因はいくつかあります。

マスク内が蒸れることによる肌荒れ

マスクを付けていると、呼吸によって段々マスク内に蒸気がこもりますよね。

それによって鼻や喉の奥が潤うのはいいのですが、マスクの内側に水滴がつくほどになると肌が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、吹き出物ができる原因になってしまいます。

マスクが肌を摩擦することによる肌荒れ

マスクを付けてしゃべったり口元を動かしたりするたびにマスクと肌が接している部分が擦れますよね。

一回ずつは大した刺激ではないように思いますが、マスクを付けている間ずっと繰り返されるので、気づいたときには肌が赤くなったりヒリヒリしたり、ひどいときには皮がむけて化膿してしまうこともあるそうです。

マスク内の蒸気による口元の乾燥

「吹き出物の原因はマスク内の蒸気による雑菌の繁殖によるもの」でしたが、このマスク内の蒸気は肌を乾燥させる原因にもなります。

一見、肌が蒸れることと乾燥することは正反対のように思えますが、マスクを外した瞬間、肌表面についた水分が蒸発するときに肌に必要な水分も一緒に蒸発させてしまうために乾燥を引き起こしてしまうのです。

口元の皮膚は特に薄いので乾燥しやすく、皮がむけて粉を吹いたようになってしまうのですね。

スポンサーリンク

マスクによる肌荒れを予防するには

マスクが肌荒れの原因になるからといって、マスクをしないわけにはいきませんよね。風邪などの感染症やアレルギー対策にマスクは必要不可欠です。

肌荒れを予防しながらマスクを使うためには次のことに注意するといいようです。

マスクによる肌荒れにはガーゼを

「ガーゼを」といっても、ガーゼマスクに変えなければいけないというわけではありません。鼻や喉の乾燥を防ぐだけならガーゼマスクがおすすめですが、ウイルスやアレルゲンを防ぐにはガーゼマスクより不織布マスクの方が効果的だからです。

不織布マスクを使いつつ肌荒れを防ぐには、マスクと肌の間にガーゼを挟む方法があります。ドラッグストアなどに30センチ幅で5メートルとかの大判サイズの医療用ガーゼが売っているのでそれを利用するといいですよ。

ガーゼを何枚かカットし、マスクの大きさに合わせて折りたたんだものをマスクにのせてから付けると、不織布が肌にこすれるのを防ぐことができますし、余分な水分も吸い取ってくれます。清潔な状態で何枚か持ち歩き、湿ったら新しいガーゼと交換するようにすれば雑菌の繁殖も防げますね。

マスクをするときは保湿を念入りに

マスクをつける前はもちろん、付けている間のお化粧直しなどの時にも、マスクをしているときはいつもより乾燥するものと思って入念に保湿をしましょう。

マスクが当たる部分にはワセリンも効果的です。ワセリンは軟膏の基剤にも使われ、刺激が少なく肌の保護・保湿効果が高いのでマスクの摩擦による刺激を防ぎつつ乾燥も防いでくれます。ただ、べたつきやすいのでつけすぎには注意です!

薬局に売っている白色ワセリンやベビー用のワセリンなどが純度が高くおすすめですが、稀に肌に合わずかぶれてしまうこともあるので、その場合にはワセリンではなく自分の肌に合った保湿剤でしっかり保湿を心がけましょう。

マスクのサイズや素材に気を付ける

マスクのサイズが合っていないことも、摩擦の原因になります。

マスクが小さすぎるとゴムの部分や肌に接触する部分が強くこすれることになりますし、逆に大きすぎるとマスク自体がパカパカ動きやすく、摩擦回数も増えますよね。自分に合うサイズのマスクをすることで顔にフィットして摩擦を軽減したり、マスク自体の効果も発揮することができます。

また、「不織布」と一言で言っても人によって肌に合う物と合わないものがあります。なるべく柔らかい肌触りのマスクや肌に当たる内側にコットンを使用したマスクなどを試してみて、自分の肌に合った不織布マスクを見つけられるといいですよね。

まとめ

風邪予防やアレルギー対策に無くてはならないマスクですが、使い方によっては肌荒れを引き起こしやすいということがわかりました。敏感肌の方は特に注意が必要ですよね。

肌荒れを予防するためには、マスクによる摩擦を防ぐこと・乾燥を防ぐこと・雑菌の繁殖を防ぐことを意識しましょう。

しっかりとウイルスやアレルゲンを防げるように、自分に合ったマスクを見つけ、肌への負担を軽減しながら快適にすごしましょうね!

スポンサーリンク



-美容・健康
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白髪の生え始め対策!目立たせない方法と白髪を改善させるお茶とは?

ふと鏡を見たとき、髪に白いものを発見!ほこり?……と思ったら白髪だった!! 白髪になる原因は主に加齢ですが、それ以外にも妊娠や出産、栄養の偏りや睡眠不足など生活習慣の乱れ、ストレス、遺伝などさまざまな …

おすすめ風邪対策!はちみつの効果が詰まったドリンクをホットで♪

寒くて乾燥した毎日が続くと、気を付けているつもりでもなんだか喉の調子が悪かったり、軽い咳が出てきたり……。 「しまった!このままでは本格的な風邪をひいちゃう!」っていうこと、ありますよね。 手前で気づ …

子供がマスクを嫌がる理由とは?選び方と子供が喜ぶマスクの作り方

風邪や花粉の季節に大活躍のマスク。誰でも手軽につけることができて予防効果も高いので、風邪が流行っているときなどには子供にもつけさせたいですよね。 でも幼い子どもはマスクを嫌がってつけてくれないことも多 …

風邪には柚子とはちみつがおすすめ☆柚子の効果効能は種まで活用で!

ママ自身が風邪かな?と思ったら、どうしていますか? 小さな子どもがいると、熱でも出ない限りなかなか風邪くらいでは病院に行けなかったりしますよね。他の患者さんからの感染を考えると、一緒には連れていけない …

甘酒の酒粕と米麹の違いと効果☆米麹だけで出来て作り方はとても簡単!

寒い季節になると、なぜか思い出してしまう甘酒。 子供のころ地域の年末大掃除に参加すると配られていたり、初詣や節分などで神社に行くと露店で売られていたり、寒い日に母が家で作ったりしていました。 だからず …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。