ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

行事・イベント

菖蒲湯は女の子だけの家庭でも入る?こどもの日に入る由来と楽しみ方

投稿日:

男の子の健やかな成長を願う、五月五日の端午の節句。鎧兜や五月人形を飾ってこいのぼりを揚げ、柏餅やちまきを食べて菖蒲湯に入ったりしますよね。

また、五月五日は「こどもの日」でもあります。男の子だけではなく女の子も含め、子供たちが元気いっぱい幸せに育つよう願ってお祝いする日でもあるんですね。

でも女の子の節句は「桃の節句」で三月三日にお祝いしていますから、女の子しかいない家庭では「こどもの日」にはどんなことをしてお祝いしたらいいのでしょう?

スポンサーリンク

菖蒲湯は女の子だけの家庭でも入るもの?

まず、桃の節句の雛人形に対して端午の節句の鎧兜や五月人形は男の子の物です。女の子しかいない家庭では、季節のインテリアとして小さなものを飾るのはかわいいと思いますが、特に用意する必要はありませんよね。

こいのぼりも幼稚園などでは「子どもたちが元気に成長するように」と願って揚げますが、女の子しかいない家庭で立派なこいのぼりを庭に揚げたりはしませんよね。これも季節のインテリアとして飾ったり、お菓子付きの小さなものなら買ってあげてもいいですね!私も子供のころ、お菓子のついた赤いこいのぼりを買ってもらったことがあります。

柏餅やちまきはスイーツですので、こどもの日のおやつに家族で食べるといいですね♪特に柏餅の柏は、「新芽が出るまで古い葉が落ちない=子孫繁栄」ということで、女の子にも意味のあるお菓子といえますね。

では、菖蒲湯はどうでしょう。

「菖蒲」は「勝負」とかけているから男の子のイメージが強いですが、薬効のあるお風呂なので男の子だけのものにしておくのはもったいないですよ!

菖蒲湯には「血行促進」「保湿」「冷え性改善」といった、女性に多いお悩みの改善効果がありますし、ほかにも「腰痛」「神経痛」「リュウマチ」「筋肉痛」「肩こり」などを改善する効果や、香り成分には「リラックス効果」もあるので、男の子のいない家庭でも、赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなの健康のために「菖蒲湯」に入るのがおすすめです!

スポンサーリンク

菖蒲湯にこどもの日に入る由来は?

なぜ五月五日に菖蒲湯に入る習慣があるのでしょう。

菖蒲は昔から病気や邪気を払う薬草とされ、中国では古くから健康長寿を願ってさまざまに使われていたそうです。

端午の節句は春から夏への季節の変わり目で体調を崩しやすい時期なので、健康に過ごせるように願い、菖蒲を使ったさまざまな習慣が広まりました。そのうちの一つが菖蒲湯です。

菖蒲の香りに悪疫を退散させる力があると考えられていたので、五月五日に菖蒲を入れたお風呂に入ることで、夏の暑さにも負けず丈夫に過ごせると信じられ、習慣になったのですね。

また、端午の節句は男の子の元気な成長を願う日ですが、江戸時代の武家社会では菖蒲の葉が刀の形に似ていることから男の子の縁起物とされ、「菖蒲」に「勝負」「尚武」をかけて「強く勇ましい男性に成長するように」と願い、その習慣が今に受け継がれているのだそうです。

菖蒲湯の楽しみ方はいろいろ!

菖蒲の葉を浮かべた菖蒲湯に入ってリラックスしながら温まるのはとっても気持ちいいですが、菖蒲湯の楽しみ方はただ入るだけではないんです。

菖蒲湯に入りながら菖蒲の長い葉をハチマキのように頭に巻くと、頭が良くなるといわれています。同じように、お腹に巻くとより一層健康になると言われているそうです。

こういうおまじないは子供たちも大好きですよね!菖蒲の葉を頭やお腹に巻いてはしゃいでいる様子はとってもかわいらしく、楽しい思い出になりますね。

ほかにも、菖蒲の葉を刀に見立てて振り回すと厄除けになるとか、菖蒲の葉で年の数だけ体を叩くと厄除けになるとか、体の悪いところを叩いて追い出すとかいろいろなおまじないが伝わっています。

菖蒲の葉はけっこう硬いので、振り回したり叩いたりするときには目に入らないように、強く叩かないように、エスカレートしてケンカにならないように、注意してあげてくださいね!

まとめ

五月五日は男の子の節句・端午の節句ですが、こどもの日でもあるので、女の子しかいない家庭でも柏餅を食べたり菖蒲湯に入ったりして、お子さんの健康を願いつつ家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

菖蒲湯にはたくさんの薬効やリラックス効果があって気持ち良いだけではなく、子供たちの好きなおまじない要素もあるので、一緒に入って教えてあげながら楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク



-行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

男の子の初節句お祝い会準備☆男の子の衣装と実家へのお返しについて

男の子が生まれて初めて迎える端午の節句を初節句といいます。初節句には赤ちゃんの両親や家族、おじいちゃんおばあちゃんなどが集まって、みんなで「赤ちゃんがすくすく元気に大きくなりますように」と願ってお祝い …

女の子の初節句に着せる衣装は?着物の場合とドレスの場合のおすすめ

三月三日はひな祭り、桃の節句ですね。女の子が生まれて最初に迎える桃の節句を初節句と言って、雛人形などを飾り、健やかな成長を願って家族や親族などが集まり、みんなでお祝いをします。 桃の節句は毎年あります …

子供用の蝶ネクタイは手作りがおすすめ☆簡単にできる作り方と付け方

七五三や発表会、結婚式やちょっとしたパーティーなど、子供におめかしをさせたいときに便利なのが蝶ネクタイです。 私も今まで息子に何度か蝶ネクタイを作ってきましたが、意外と簡単に作れるんですよ。好きな生地 …

ひな祭りに子供も甘酒を飲んでいい?甘酒を飲む意味と簡単デザート

女の子の健やかな成長を祈る節句、ひな祭り。ひな人形を飾り、菱餅やひなあられなどのお菓子、ハマグリのお吸い物やちらし寿司などの料理がひな祭りの行事食として有名ですね。 これらをおひな様にもお供えし、家族 …

男の子の初節句の食事会 端午の節句料理の意味とちまき&柏餅について

男の子が生まれて、最初の端午の節句を初節句といいます。初節句には祖父母を招待してみんなで男の子の健やかな成長を願い、お祝いするのが一般的ですね。 ちょうどゴールデンウィーク中なので、遠方のおじいちゃん …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。