ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

行事・イベント

折り紙の星を簡単に切る方法☆折り方ができれば切るだけ!飾り切りも

投稿日:2018年5月16日 更新日:

七夕にクリスマス、お誕生日のパーティーの飾りつけから普段のインテリアなど、星のモチーフは一年中大活躍しますよね!折り紙を使った星の作り方はいろいろありますが、この記事では、基本の星から立体的な星、飾り切りの星まではさみを使って簡単に星を作る方法をご紹介します☆

スポンサーリンク

折り紙の星を簡単に切る方法☆

星形って、簡単そうで意外と難しいですよね!フリーハンドでは一筆書きで描くことが多いと思いますが、「ちゃんとした、きれいな星形を切り取りたい!」と思って定規を使って書こうとしてもなかなかできず、苦戦した覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、正方形の折り紙を折ったり切ったりするだけで簡単にきれいな星ができるんです!

基本的な作り方は、折り紙を折ってからたった一ヶ所切るだけできれいな星形を作る方法です。はさみで切って作るので「はさみぼし」とも呼ばれています。

折り方を見ていただくと最初は「面倒くさそう?」と思ってしまうかもしれませんが、覚えてしまえばとっても簡単ですよ。ただ、お子さんにはちょっと複雑なので、折って切り取り線を書くところまでは大人の方が用意しておいてもいいかもしれませんね。

アレンジバージョンは基本の折り方と同じで、切り方を変えるだけです。

時間のあいた時などにまとめて折っておいて、あとはお子さんと一緒に「どんなのができるかな~?」と切ったり広げたりするのも楽しいですよ♪

折り紙の星の折り方☆これさえできればあとは切るだけ!

では、切る前の折り紙の星の折り方です!複雑そうですが、1~2回作ればすぐに覚えられますよ。

1.折り紙を半分に折ります。あとで切り取り線を書くので、裏が外側になるように折ったほうがいいです。さらに半分に折って折り目を付け、開きます。

2.折り線に合わせるように右下の角を折り上げ、同様に右上の角を折り下げて折り目を付け、開きます。

3.折り目が交差した点に左下の角を合わせ、折ります。その折り目に合わせて折り返します。

4.右下の角を折り上げ、3の折り目に合わせて折ります。その合わせ目で裏に折ります。

5.小さな三角がある方を上にして置き、定規を使って切り取り線を書きます。角度はお好みですが、右上の角が鋭角になるようにすると、きれいな星形になります(この角度の倍が星の角の角度になります)。鋭角じゃないと星形ではなく五角形になってしまうので注意しましょう。仕上げに、上の部分をホチキスで留めておくと切るときにずれにくくなり切りやすいですよ。

あとは線に沿って切るだけで、開くと星の出来上がりです☆尖った部分を全部山折りにして形を整えると立体的にもなり、壁に立てかけることもできますよ。

ちなみに、思いっきり鋭角に切ったらこんなに細い星ができました!

スポンサーリンク

折り紙の飾り切りで星をアレンジ☆

基本の折り方をしたあとの切り方を変えるだけで、星をいろいろアレンジすることができます。

たとえば切り取り線を二本書き、切り取って広げると……

こんな感じに星形の枠と星ができます。上下につなげると七夕飾りにぴったりですね☆

こんな感じで自由に切り込みを入れてから切り取り線を切ってそっと広げると……

レースみたいな星の飾り切りになります。

七夕飾りやクリスマスツリーのオーナメントはもちろん、何枚かつなげて夏の窓辺に吊るしても涼し気ですし、立体的に折り目を付けてから、100均で買った小さなキャンドルみたいなLEDライトにかぶせても素敵でした☆

切り込みを入れるときには端まで切り落とさないように気を付けましょう。切り方によってできるデザインは万華鏡のように無限大です!

まとめ

はさみで切って作る星(はさみぼし)は、折って切るだけで簡単にきれいな星形ができるのでお子さんと一緒につくるときにもおすすめの作り方です。

折り方はお子さんにはちょっと難しいかもしれませんが、大人の方なら1~2回作れば簡単に覚えられますので、まとめて折っておいてお子さんと一緒に切り方のアレンジを楽しむのもおすすめですよ。

折って作るいろいろな星の作り方はこちら→折り紙の星の折り方☆正方形から作る平面の簡単な星から立体の星まで

七夕やクリスマスの飾りに、バースデーパーティーのデコレーションに、季節のインテリアに、ひとことメッセージを書くときに……と、アイデア次第でいろいろ活用できますので、たくさん作って楽しんでくださいね☆

スポンサーリンク



-行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

敬老の日って何歳から?両親にもした方がいい?誰から祝うのが正解?

子供のころ、敬老の日に自分の祖父母に「長生きしてね」とメッセージやプレゼントを贈ったことがある人は多いと思います。 自分が大人になって、両親が当時の祖父母と同じくらいの年齢になったとき「敬老の日」はど …

年賀状をちぎり絵で手作り☆図案も簡単な作り方と材料のおすすめ

「ちぎり絵で年賀状を手作りしたいけれど、ちょっと難しいかな……大変かな……」と迷っていませんか? 私も今まで何度かちぎり絵の年賀状を作ったことがありますが、コツをつかめば意外と簡単で素敵に仕上がります …

都内で子供とお花見♪カナルカフェのランチは子連れOK!ボートから桜も

桜は咲き始めるとあっという間に見頃を迎えてしまいますよね☆ 今年はどこでお花見しますか? 家族そろって自然豊かな公園にお弁当を持ってお花見しに行くのも楽しいですが、ママは準備が大変だし、第一、旦那さん …

雛人形にも負けない華やかなちりめんのつるし雛☆飾りの意味と飾り方

ひな祭りと言えば、雛人形が欠かせませんよね!女の子のいらっしゃるご家庭では初節句のころに準備されたのではないでしょうか。 我が家のように女の子がいない家庭でも、桃の節句には桜餅や草餅を食べたり、インテ …

鯉のぼりはマンションなら室内用が安心!吊るしとスタンドの特徴

最近は鯉のぼりを揚げているお宅も少なくて、時々見かけると嬉しくなってしまいます。 大きな鯉のぼりを揚げるには広い庭が必要なので、戸建てでも二階のベランダに小さめのものを飾ったり室内に飾ったりするのが主 …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。