ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

行事・イベント

父の日のプレゼントに鉢植え☆花のおすすめ定番や変わり種の果樹も!

投稿日:2018年3月24日 更新日:

父の日のプレゼント選び、どうしていますか?母の日は女性向けのプレゼントということもあって選択肢も広く割と選びやすい印象なのですが、父の日は何を贈ったらいいか毎年悩んでしまうという人が多いみたいです。

毎日スーツを着てお仕事をされているお父さんなら、毎年「定番」ということで違ったデザインのネクタイをプレゼントしたりもできますが、自営業でスーツを着る機会が無かったり退職されてお家で過ごされているお父さんだと、本当に毎年あれこれ迷ってしまいます。

そこで、ネクタイに代わる「定番」としてお花や植物はどうでしょう。母の日にはカーネーション以外にもすでにお花は定番ですが、お父さんもきっと、もらったら嬉しいと思いますよ!

スポンサーリンク

父の日のプレゼントには鉢植えがおすすめ!

お母さんへプレゼントするお花には、ブーケやアレンジメントなどの切り花、鉢植え、美しい状態を長く楽しめるプリザーブドフラワーなどいろいろなスタイルがありますよね。でも父の日のプレゼントにはズバリ、鉢植えをおすすめします!

鉢植えの良いところは、まず「とりあえずそのまま飾れるところ」です。例えばブーケだとお花のサイズに合った花瓶を用意して活ける必要がありますよね。そういうのが得意なお父さんならいいのですが、たいていの場合お母さんに丸投げして、ついでに毎日の水替えもお母さんの仕事になってしまいがちです。そうなるとお父さんが「ありがとう!」と喜ぶのはもらった瞬間だけで、あとは段々もらった事さえ忘れてしまうかもしれません……。

その点、鉢植えは「育てる楽しみ」があります。「つぼみが咲いた!」「実がなった!」「種が採れた!」「新芽が出た!」など、上手に育てればそれこそ何年も育てられる種類もありますよね。お父さんも張り切って、管理のしかたをネットで調べたり本屋さんで園芸書を買ってきたりして新しい趣味ができるかもしれませんよ。

お庭があれば植え替えたりして、実家のお庭に毎年新しいお花が増えるのも楽しいですね♪お庭が無ければベランダで育てられそうなものや、増えすぎないようにあえて一年草の鉢植えを贈るといいですよ☆

スポンサーリンク

父の日に花を贈るなら定番はこれ!

母の日の定番のお花「カーネーション」に対して父の日の定番のお花って何かご存知ですか?

正解は「バラ」です!母の日にならって最初に父の日を提唱した人が、男手一つで育ててくれた亡くなったお父さんのお墓に白いバラを供えたのが始まりとされています。

元々母の日も父の日も亡くなったお母さんお父さんに白い花を贈ったことが始まりなので、生きているお母さんやお父さんに「白いカーネーション」や「白いバラ」を贈るのはNGで、母の日には「赤いカーネーション」父の日には「赤いバラ」を贈るのが基本です。

でも今では赤に限らずいろんな色で、バラに限らずいろんな花を贈る人が多いです。特にネットやお花屋さんを見ると、父の日には黄色い花をよく見かけます。これは「素敵なお父さん」とされた著名人に贈られる「ベスト・ファーザーイエローリボン賞」にちなんでいるそうです。

黄色い花の中でも特に父の日のプレゼントとして人気なのが「ひまわり」です。元気で力強いイメージがお父さんへのプレゼントにぴったりですね!花言葉はたくさんあるのですが、中でも父の日には「あこがれています」「敬慕」などを添えて贈ると気持ちが伝わっていいと思いますよ。

ちなみに「黄色いバラ」は要注意です!「嫉妬」という花言葉があることは割と有名なので、花言葉を気にするご両親なら避けた方がいいかもしれませんね。ただ、見た目にはとってもかわいいので「知ってるけど、花言葉なんか全然気にしないよー!」という方にならいいと思います。

私が今まで贈った中でもおすすめなのが「あじさい」です。ちょうどシーズンですし、今は種類もたくさんあってとってもきれいですよ。比較的育てやすいので、もしお父さんが園芸初心者でも安心です(笑)。

花言葉はいい意味も良くない意味もたくさんあって色によっても違うのですが、「あじさい」全体として父の日にぴったりの花言葉を選ぶとしたら「家族団らん」「強い愛情」「団結」など家族や親子の絆の強さを意味する言葉を添えるといい感じですね♪

また、あじさいは「金運アップ」や「魔除け・厄除け」の効果があると言われていて、古くからあじさいを使ったおまじないもあるほどです。そういうのが好きなお父さんなら、渡すときに教えてあげると興味を持ってくれるかもしれませんね!

父の日の変わったプレゼントなら果樹の鉢植えも!

お父さんへのプレゼントなら、華やかなお花だけでなく、一見地味だけれど実を収穫できる楽しみも味わえる「果樹」を贈るのも、ちょっと変わったプレゼントとしておすすめですよ♪

「うまく育てれば毎年収穫できるかもよ!」と言って、やる気にさせてもいいかもしれませんね(笑)。

時期的にもおすすめなのは……

・ブルーベリー 花言葉は「実りのある人生」「知性」。春には白い花が咲く。実は7~8月。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

父の日 鉢植え「実付きブルーベリー〜収穫が待ちどおしい〜」

価格:4463円(税込、送料別) (2018/3/24時点)

・レモン 花言葉は(全体)「誠実な愛」「思慮分別」、(花)「心からの思慕」、(果実)「陽気な考え」。白い花が咲く。

・いちじく 花言葉は「豊富」「裕福」「平安」など。

・コーヒー 花言葉は「一緒に休みましょう」。木が育つと7~8月ごろジャスミンのような香りの白い花が咲く。うまく育てると緑の実ができ、赤く熟すが難易度が高い。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【観葉植物】「コーヒーの木」

価格:3305円(税込、送料別) (2018/3/24時点)

私はコーヒー好きの父にコーヒーの鉢植えを贈ったことがあります。残念ながら実はならなかったのですが、おもしろがってくれて好評でした♪

まとめ

父の日に花や植物を贈るなら、そのまま飾れて育てる楽しみもある「鉢植え」がおすすめです。

元々の定番の花は「赤いバラ」ですが、最近は「ベスト・ファーザーイエローリボン賞」にちなんで黄色い花も人気です。ただ「黄色いバラ」は「嫉妬」という花言葉なのでプレゼントには要注意です。黄色い花の中では「ひまわり」が人気です。季節的にも旬で色々な種類があり、比較的育てやすい「あじさい」もおすすめですよ。

華やかなお花以外に、実を収穫する楽しみも味わえる「果樹」もおすすめです。時期的には「ブルーベリー」「レモン」「いちじく」「コーヒー」などがあるので、もし見つけたら一味違った面白いプレゼントになるかもしれませんよ☆

スポンサーリンク



-行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

友チョコのお返しはいつ?ホワイトデー?お返しにぴったり簡単レシピ

スポンサーリンク 最近のバレンタインは、女の子から男の子だけではなく、女の子のお友だち同士でも「友チョコ」を交換するのが流行っています。 特に、子供たちの自主的な友チョコ交換は、お菓子を手作りすること …

手作り年賀状もスタンプで簡単!素敵にするアイデア&色塗りで楽しく

最近の年賀状は印刷したものが多いですよね。でも、だからこそ手作り年賀状はとても目を引きますし、何よりもらって嬉しいものです。 とはいえ、ただでさえ忙しい年末ですから年賀状作りに多くの時間はかけていられ …

年賀状の子供の写真マナー☆写真なしにするべき?友人宛てのデザイン

子供のいる家庭では、年賀状に子供の写真を使っている方が多いと思います。なかなか会えない人への近況報告に、写真つき年賀状はとても手軽で便利ですよね。 日々大きくなる子供の成長が一目でわかるので、毎年届く …

子供の手作り年賀状アイデアまとめ☆幼児も楽しめる方法!小学生なら

最近は年賀状もメールで送る人が増えてきているそうですが、手書きの年賀状やお手紙をもらうとやっぱり嬉しいものです。 「年賀状を書く」という年末年始の習慣と受け取ったときの嬉しさは、子供にも伝えたいですよ …

ホワイトデーのお返し子供と手作り簡単クッキー♪ラッピングは100均☆

子供がバレンタインデーにチョコなどをもらったら、ホワイトデーにはお返しをしないといけませんよね☆ ちょっと成長して大きくなると、もしかしたらバレンタインにもらったことが照れくさくてママには報告してくれ …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。