ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

行事・イベント

折り紙の星の折り方☆正方形から作る平面の簡単な星から立体の星まで

投稿日:2018年5月18日 更新日:

七夕やクリスマスはもちろん、星のモチーフは一年中大活躍しますよね!いろいろなパターンの星の作り方を知っていると、とっても便利です☆
星の作り方にもいろいろな方法がありますが、この記事では正方形の折り紙を使った星の折り方をご紹介します。

折り紙を切って星を作る方法はこちら→「折り紙の星を簡単に切る方法☆折り方ができれば切るだけ!飾り切りも
をご覧ください。

スポンサーリンク

折り紙の星の折り方☆正方形から作る方法

折り紙を使った星の折り方にもたくさんの方法があります。折り紙を正五角形に切ってから折る方法もあるようですが、正五角形を作るのが面倒な私は、いつも正方形の普通の折り紙で作れる星だけを作っています。

小さな子供でも作れる簡単な星からちょっと難しいけれど存在感のある素敵な星まで、平面の星から立体の星まで、どれも正方形の折り紙を使って作れるものばかりです。

同じ作り方の星を色違いやサイズ違いでたくさん作ってもカワイイですし、違う種類の星を混ぜて飾っても素敵ですよ☆一つ一つの星に糸を付けて七夕飾りやクリスマスツリーのオーナメントにしてもいいですし、何個か糸でつなげてガーランドにしたり、天井からつるしてモビールにしたりと、飾り方もアイデア次第でいろいろできますね!

材料の折り紙は、シックな色合いで作ると大人っぽい雰囲気になりますし、ポップでカラフルな色合いにすればお子さんのパーティーにもぴったりです♪バリエーション豊かな折り紙が100均でも売っていますので、いろいろ試してみてくださいね。

折り紙の星を平面で折る簡単な作り方

私は平面の星を作る時、小さな子供でも比較的簡単に作れる「三枚星」や、はさみも糊もいらない、折り紙一枚を折って作れる「一枚星」をよく作ります。平らなので、メッセージカードや名札のように使ったり、たくさん作ってテーブルの透明なビニールクロスの下にちりばめるように入れても素敵ですよ☆

子供でも簡単!三枚星の作り方

1.折り紙を十字に切り、4枚にします。このうち3枚を使います。切らずに3枚の折り紙で作ってもいいですよ。それぞれ三角に半分に折ります。

2.1枚を開いたところにもう1枚をこのように挟み、開いた角に糊を付けて貼り付けます。

3.裏側も同じように糊付けすると、このようになります。

4.残りのもう1枚は、角を糊で閉じて三角のパーツを作ります。

5.3の真ん中に糊を付け、矢印の部分を合わせて三角のパーツを貼り付けたら完成!

ハサミも糊もいらない!一枚星の作り方

1.折り紙の裏を上にして置き、三角に2回折って折り目を付け、開きます。

2.そのまま縦半分、横半分に折ってから三角に開いて折ります。裏側も同様に。

このようになります。

3.中心線に合わせて両側を折ります。裏側も同様に。

4.右側の折り山を立て、右の中心線に合わせて折ります(段折り)。

その右の折り山も同じ線に合わせて同様に折ります。

5.裏も同じように左右折ります。上から見るとこのようになります。

6.頂点を上にして置き、下をめくって真ん中の白い部分が四角くなるように折り開けば完成です!

スポンサーリンク

折り紙の星を立体で作る折り方

立体の星は難易度が上がりますが、七夕飾りやクリスマスのオーナメントにしたり、モビールなどのパーツにしたときにとっても素敵ですよ。小学生くらいなら簡単に作れる小さな星形と、出来上がったときにちょっと感動してしまうくらいの「これぞ星!」の作り方です。

折り紙一枚で4つできる!小さな星形の作り方

1.折り紙を横四等分に折って切り離し、さらに横半分に折ります。

2.真ん中に折り目をつけ、その折り目に合わせて両側を折ります。

3.左右それぞれを三等分に折ります。Zのように折るとずれにくく折りやすいです。

4.よく折り目を付けたら左右にのばして端からジグザグに折っていきます。

5.左右の端を合わせ、一つ目の山同士を重ねて片方の紙の間に挟みます。

6.形を整えたら完成!立てても横に置いても、針を使って糸でつないでもかわいいです☆

これぞ星☆5枚を組み立てる立体的な星の作り方

折り紙5枚で同じパーツを5つ作り、組み立てる方法です。ちょっと難しいのでお子さんには向かないかもしれませんが、ぷっくりと立体的で素敵な星が出来上がるのでおすすめです!

折り紙を5枚用意してもいいですし、1枚を四等分したものを5枚使っても、もちろんOKです。

「三枚星」を作ったときの残りがあるので、今回はもう1枚を4等分にしたものを合わせて5枚にして使いました。

1.三角に半分に折って開きます。

2.折り線に合わせて片側を上下に折ります。反対側も同じく上下に折ります。

3.裏に半分に折り、下の角を合わせながら折り返し……

4.裏側で上の角が折り返した部分の真ん中の線に合うように折ります。

5.3・4で折っていない方を下向きに半分に折ります。

6.折った部分を指でつまみ、つまんでいない方を開いて上下に広げます。

7.そのまま半分に折って形を整えるとこのようなパーツが出来上がります。これを5つ作ります。

8.パーツを糊付けしながら組み立てていきます。

9.片方のパーツの細い方を開き、上の三角の部分に糊をしっかり塗って……

10.中心の線にもう片方のパーツの広い方を合わせて乗せ、挟んで貼り合わせます。

11.4つ目のパーツまで同じように貼り合わせたら、一度、立体的になるように折り目を付けます。

12.最後のパーツに同じように糊を付けて貼り合わせたら……

13.最後のパーツの広い方の半分(中に隠れる部分)に糊を付けてそっと差し込みます。裏側も同じように糊を付けて差し込んだら、しっかりと貼り合わせましょう。

先ほど立体的にした部分がつぶれてしまっても大丈夫です。

14.最後に形を整えて立体的にし、完成です☆

とっても存在感のある立派な星です。面倒くさそうなパーツづくりも慣れればサクサクできますので、色んな色を組み合わせたりしてたくさん作って飾ったら素敵です☆
折紙をさらに四分の一に切って、この折り方で小さな星を作っても可愛いですよ♪
この小さな星を飾りに使った、手作りクリスマスツリーを作ってみました☆
  ↓
クリスマスツリーを工作で手作り☆作り方は100均材料で簡単!飾りでアレンジも♪
子供部屋にもぴったりな、かわいいサイズのツリーです。

まとめ

七夕やクリスマスの飾りはもちろんですが、それ以外でも星のモチーフは素敵なインテリアになります。

プレゼントのラッピングに添えても素敵ですし、最後にご紹介した立体的な星はそれ自体をちょっとしたプレゼントにしてあげても子供は大喜びですよ☆

ぜひいろんな大きさや色の組合せで作ってみてくださいね!

スポンサーリンク



-行事・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の日プレゼントに疲れを癒す体験!ヘッドスパやネイルで至福の時間

小さな頃、よくお母さんの肩をたたいたり揉んだりしませんでしたか?私もよく肩こり持ちの母に頼まれて、10分10円のお駄賃で肩もみをしていました。「肩たたき券」は似顔絵とセットで幼いころのプレゼントの定番 …

ひな祭りに子供も甘酒を飲んでいい?甘酒を飲む意味と簡単デザート

女の子の健やかな成長を祈る節句、ひな祭り。ひな人形を飾り、菱餅やひなあられなどのお菓子、ハマグリのお吸い物やちらし寿司などの料理がひな祭りの行事食として有名ですね。 これらをおひな様にもお供えし、家族 …

兜や五月人形はお下がりでもいい?上手な断り方!五月人形は必要か

スポンサーリンク 男の子が生まれると、初節句を迎えるときに兜や五月人形を用意する家庭も多いですよね。でも最近は住宅事情やライフスタイルの関係で、特に用意しない・飾らないという家庭も増えているようです。 …

ひな祭りのお祝いは家族で♪ご飯は「手まり寿司」手毬は縁起物です☆

三月三日はひな祭りですね! ひな祭りの行事食にはちらし寿司・はまぐりのおすいもの・ひしもち・ひなあられなどがあります。 行事食にはそれぞれに意味があるのでぜひ取り入れたいところですが、毎年同じで飽きて …

年賀状を折り紙で簡単手作り!切り絵にしても貼るだけでも素敵に☆

年賀状を手作りしたいときや、印刷で用意した年賀状に少しでも手作り感を足したいとき、折り紙はとても手軽で便利なアイテムです。 大人から子供まで、折り紙を使って簡単に素敵なオリジナル年賀状を手作りする方法 …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。