ままちっぴ

ママとこどもの楽しい毎日のためのあれこれ

生活

汗染みが白くなるのを防ぐ☆対策には防水スプレーとインナーが重要?

投稿日:

汗をかくと服の汗染みが気になりますよね!特に濃い色の服は汗をかいている瞬間の汗染みも目立ちますし、その汗が乾いて白く跡が付くのも悩みどころです。この記事では汗染みが目立つ服を安心して着られるように、手軽な対処法についてご紹介します☆

スポンサーリンク

汗染みが白くなるのはなぜ?

濃い色の服は汗染み自体も気になりますが、それ以上に汗染みが乾いた後に輪郭に残った白い跡は恥ずかしいですよね。この白い成分の正体は汗に含まれる塩分などです。

私は、普通にかく汗は白くなりにくいですが、一気にたくさんの汗をかいたりした日に、帰宅後うっすら白い線が付いているのに気づいてびっくりしたことがありました。

よく、「スポーツなどをして普段から汗を流している人の汗はサラサラしている良い汗だけど、普段汗をかかない人の汗は濃度が濃くベタベタした悪い汗だから、スポーツや入浴などで汗腺を鍛えてサラサラの汗に……」などと言われます。
根本的に汗の質を改善することが大切なのはもちろんその通りですし、分かってはいるのですが……。
でも、ちょこっと汗腺を鍛えたくらいではサラサラの汗にならないでしょうから、それまでの間ずっと汗染みが白くなるのを我慢したり、目立たない服しか着られないっていうことになってしまいます……。そのうちに夏も終わってしまいますよね。

そこで、汗腺もできれば鍛えつつ、今すぐ手軽に汗染みを防ぐ方法をご紹介します☆

スポンサーリンク

汗染み対策に防水スプレーが効果的?

汗染みが白くなるのを防ぐには、まず、汗染みを作らないようにすればいいのです。

汗染みができやすい部分というのは、まずワキ、そして背中が多く、人によっては胸元にもできますよね。そういった「汗染みができやすい部分」に汗をしみ込ませないために、防水スプレーが効果的なんです!

防水スプレーというと雨などをはじくために靴や服の外側にかけて使うイメージが強いですが、汗染み対策には服の内側にかけることで汗をはじき、染みを防ぎます。とっても手軽で効果的な方法ですが、いくつか気を付けなければならないポイントがあります。

・服の通気性を損なわないフッ素系

防水スプレーにはシリコン系とフッ素系があります。傘など通気性を必要としないものにはシリコン系が向いていますが、服や靴などには繊維自体をガードして通気性を保つフッ素系の防水スプレーが向いています。

・汗染みのできやすい部分のみに使用

服の内側全体に防水スプレーをかけると服の内側が蒸れてしまいます。ワキの部分と背中部分だけ、など普段から汗染みができやすくて困っている部分にのみ使用しましょう。

・清潔な服にスプレーする

きちんと洗濯をして乾かした清潔な服にスプレーしないと、汚れをコーティングすることになってしまいますので気を付けましょう。

・服にスプレー染みができないか確認

商品によって使用できる素材と向いていない素材があります。商品の表示をよく読んで、使えそうな場合も予め目立たないところにつけて染みなどができないか確認してから使用しましょう。

・肌が弱い方は特に注意

防水スプレーをかけた服は、しっかり確実に乾かしてから着用します。ただ、今回の方法は肌に直接触れる可能性の高い部分にスプレーしていますので、スプレーの成分によって肌がかぶれたりすることもないとは言えません。特に肌が弱い方はまず家で着用して様子をみるなどし、肌に変化がないか気を付けましょう。

・スプレーするときは屋外で

防水スプレーは吸い込むととっても危険です!風のあたらない屋外で、マスクなどをして吸い込まないように注意しながら使用しましょう。

スーパーやドラッグストアなどで手軽に購入しやすいのはスプレー缶タイプの防水スプレーですよね。お家に常備している方もスプレー缶タイプがほとんどだと思いますが、ガスを使わない霧吹きタイプの防水スプレーもあります。

こちらの防水スプレーはとにかく「安心安全」ということで、ソファーなどの室内や幼児服にも使えるほど優しい成分を使用しているそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お部屋で使えるはっ水スプレー AX-31 ◇ウォータープルーフプレミアム◇サイク…
価格:1620円(税込、送料別) (2018/5/8時点)

肌に直接触れる可能性が高い部分なので、肌の弱い方や毎日継続して使う方にも安心ですよね!通気性がよく洗濯にも強いということで、一度しっかりとスプレーしたら何度かそのまま着られるので楽ですよ♪

汗染み対策にはインナーが最重要!

汗染みを防ぐのための対策として服の内側に防水スプレーをかけるのは効果的ですが、汗が出なくなるわけではありませんよね。汗の質も量も今までと変わりないので、このまま服を着たら撥水した汗が転がって防水していない部分にしみ込んでしまうので意味が無くなってしまいます。

汗染み対策をするときには必ず、汗を吸い取ってくれるインナーも併せて着用しましょう

私は普段見えてもいい黒のインナーを着るのですが、服に汗染みが付かなかったときにもインナーは汗の白い線が付いていることがあって驚きます。それだけたくさんの汗を吸い取ってくれていたんですね。

服に汗染みを作らないためにも、着心地よく快適に過ごすためにも、しっかりと汗を吸収して発散してくれる通気性のいいインナーは必須です☆インナーの色を白っぽいものにすればインナー自体の汗染みも目立たなくさせることができると思いますので、コーディネートや好みによって選ぶようにするといいですね!

まとめ

汗をかいた後に残る白い汗染みの跡は汗に含まれる塩分などが原因です。

これを今すぐ手軽に防ぐための対策として効果的なのが「防水スプレー」です。汗染みのできやすいワキや背中など、服の内側に部分的にスプレーすることで汗染みを防ぐことができます。

スプレー缶の防水スプレーにはシリコン系とフッ素系がありますが、服には通気性の高いフッ素系が向いています。

ただ、肌に直接触れる可能性が高いので肌の弱い方や毎日継続的に使われる方は防水スプレーの成分が肌に刺激を与えていないか十分に注意しましょう。
スプレー缶を使用しない霧吹きタイプの防水スプレーには、環境や人体に優しい成分を使ったものもあるので、そういったものを使用するのがおすすめです。

服に防水スプレーで汗染み対策を施したら、必ずインナーを着用しましょう。

しっかりと汗を吸収して発散してくれる通気性のいいインナーと併用することで、汗染みのお悩みはグっと軽減されますよ☆

スポンサーリンク



-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の浴衣のサイズ直しのしかた☆丈が長い場合や袖の長さの合わせ方

夏になると、親子揃っての浴衣姿もよく見かけます。毎年恒例で、家族そろって浴衣を着て花火やお祭りに出かけるご家庭も多いのでは?子供はどんどん成長しますので、着るたびにサイズが合わなくなったりしますよね。 …

子供用浴衣の袖の長さを直す!肩上げの縫い方☆肩上げなしでもいい?

「子供の浴衣を買ってみたけれど、大きすぎた!」とか、「去年の浴衣がもう小っちゃくなっちゃった!」ということってよくありますよね。でも大丈夫!子供の浴衣はサイズを調節しながら着せるものですので、そういう …

幼稚園の麦わら帽子って洗濯できる?お手入れ方法と汗染み対策☆

普段のお出かけ用はもちろん、幼稚園の制帽など、夏になると大活躍の麦わら帽子。 真夏でも元気いっぱい汗をかいて活動する子供たちにとって、通気性が良くて強い日差しから頭を守ってくれる麦わら帽子は欠かせない …

黒い服だけ臭いのはなぜ?服が臭くなる原因と臭いを落とす洗濯方法!

同じように洗濯をして同じように乾かしたはずなのに、なぜか黒い服だけイヤなにおいがする!っていうことありませんか?同じ素材の色違いは臭くない……っていうことは、黒い染料が原因なのでしょうか?それとも偶然 …

エアコン掃除を自分で簡単に☆カビにエタノール!ファン掃除の道具も

暑い夏に欠かせないエアコン。一年中ずっと使うものじゃないから、久しぶりに使うときは特にホコリやカビが気になりますよね。 久しぶりに使う前にも、毎日のように使っている最中も、しばらく使わなくなる時にもお …

はじめまして!

mamilemon(まみれもん)と申します。

40代前半の主婦です。

小学6年生の息子と、夫と3人家族で東京都に住んでいます。

mamilemon(まみれもん)の「れもん」は、息子と一緒にかわいがっている黄色い金魚の名前からもらいました!

プロフィール詳細

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。